腫れ対策

鏡を見る人

一般的に二重整形手術をするとまぶたが腫れてしまうと言われています。埋没法なら3日から長くて1週間程で、切開法なら1週間から長くて1ヶ月程腫れる場合があるのです。ただ、手術後の過ごし方によって腫れている期間を短くすることができます。目の二重整形手術は他の手術と比べてもリーズナブルな費用で利用できるのが魅力の一つです。腫れを抑えることができれば、より満足することができるでしょう。基本的に腫れが気になる方は、埋没法を利用すると良いでしょう。費用も切開法より安く済みますし、十分な効果を実感できるので利用者が増えてきています。手術後にアイシングをしますがアイシングによって腫れを抑えることができるのです。自宅でもアイシングをすることで、腫れを抑えることができるかもしれません。ただ、アイシングもやり過ぎると逆に目に悪い影響を与えてしまう可能性があります。できるだけ医師と相談しながらアフターケアに取り組みましょう。アフターケアをしっかりと行っているかどうかが、二重整形手術を成功させる鍵なのです。一般的に長期間休みを取ることができる方は少ないでしょう。ですが、長期間休養を取ることは難しくても1週間程なら休養を取ることも可能かもしれません。ただ、1ヶ月程の長期休暇となると中々難しいでしょう。休暇の理由を考えるのも大変です。その為、多くの方が埋没法を利用しています。埋没法なら早くて3日程で腫れが引くので、周囲に知られることも少ないのです。基本的にはアフターケアをしっかりとしながら腫れを抑えていきます。また、費用も安いので手軽に二重整形手術を行うことができるのです。ラインがハッキリとしている目はとても魅力的で、顔全体の印象を良くしてくれるでしょう。顔の整形手術をする方の多くが、まずは目を二重にします。それほど、目には大きな影響力があるのです。基本的に二重整形手術のアフターケアは上記でも説明したように、アイシングがメインになってきます。アイスパックを購入する際も少ない費用で購入できるでしょう。10分から15分程を数回に分けて行うことで腫れを引かせることができるのです。また、紫外線を極力浴びないようにしましょう。まぶたはとてもデリケートなので、紫外線からの影響を受けやすいのです。できるだけサングラスや防止などを利用して紫外線を防ぐようにしましょう。基本的に施術してから数ヶ月程は紫外線を浴びないように注意します。紫外線を浴びてしまうと、傷口の後が残りやすくなってしまうのです。肌が赤みがかってしまうこともあるので、紫外線対策はとても大切になってきます。