リスクについて

男女

二重整形手術には主に切開法が用いられます。切開法には二種類あり、部分切開と全切開の二種類から選ぶことができるでしょう。埋没法を利用する方も多いですが、十分な効果を期待する場合は、切開法を利用するのがベストです。費用に関しては、全切開よりも部分切開の方が少ない費用で手術ができます。切開法の費用は20万円から30万円程が相場になるでしょう。一般的に保険は利用できません。また、効果に関しては全切開の方が部分切開よりも高い効果が期待できます。部分切開でも十分な効果が得られますが、全切開の方ができることが多く、黒目を大きくする手術やROOFを取り除くことができるのです。完全な一重の方が二重整形手術を行う場合は、全切開の方が高い効果が得られるのです。ただ、完全な一重ではない場合に関しては、部分切開でも高い効果が得られるので医師と相談しながら手術の方法を考えてみましょう。医師と相談する事で、より効果の高い手術をすることができます。リスクやデメリットに関してよく言われていることが、傷跡が残る可能性があることでしょう。切開法の場合は、メスを使用する手術方法なので傷跡が残ってしまう可能性があるのです。また、内出血を起こすこともあります。軽い内出血なら自然と治りますが、酷い場合は治療が必要になるでしょう。そして、リスクとしては左右の眼に差が出てしまうこともあります。元々、目の形は左右対称ではなく少し形が違うことが多いのです。手術前は違いが目立つことはない場合でも、手術をすることによって形の違いが目立つこともあります。一般的にまぶたのたるみが強い場合は、二重整形手術をすることでまぶたが軽くなるでしょう。その為、手術前まではある程度の力で目を開けていたのが、軽い力で目を開けるようになるとバランスが崩れてしまうことがあるのです。特に、ラインが予想していたよりも薄くなることがあります。また、目の開きが悪くなってしまうこともあるので注意が必要です。太いラインができることで、ラインの下にボリュームができて目を開けにくくなることがあります。基本的に元々目の開きが悪い方に多い失敗です。眼瞼下垂手術と併用することで問題を解決することができるでしょう。基本的にこのようなリスクを軽減するには、高い技術を持った医師に施術してもらうのが一番です。費用の安さなどでクリニックを選ぶと失敗しやすくなります。二重整形手術には高い技術が必要で、特に全切開と眼瞼下垂手術を併用する場合は難しい手術になるでしょう。このような手術を失敗せずに行える医師を選ぶことが失敗を防ぐには大切になるのです。リーズナブルな費用で利用でき、高い効果が得られる二重整形手術ですが、失敗のリスクがあることもよく理解して利用するようにしましょう。